MOS資格

MOSと言えばエクセルやワードのマイクロソフトの公認資格というイメージで、今までなんとなく「表計算」やら「ワープロ」として使って来た人間からすると「就職に有利」って事以外に、あまり必要性を感じなかった。

しかし、MOS資格のサイトを見てみるとわかるが、Word 、Excel 、PowerPoint 、Outlook 、Access とオフィス製品全般の資格を取ることができる。

MOSを持っていて圧倒的に自己流の人との実力差が出るのは、ExcelとAccessで、私はこの二つを取得してから仕事の作業効率が格段に上がった。

表計算系の場合、ワープロやプレゼンテーションと違って感覚的なものが一切入る余地が無い。

パッと見て公式のテキストを勉強しないと、このソフトでどんなことができるのかわからないのだ。

エクセルの表の縦横計算だけなら完全互換(実際は一部互換と言った方が良いのだがあれは何で「完全」と表記しているのだろう….。)をうたっているオープンソースやKI*Gソフトで事足りるだろうが、MSのソフトを使用してテキストで練習を繰り返した操作を行うと処理速度の上がり方は半端無いことがわかったのだ。

やはり、マイクロソフトのオフィス製品はすごいと実感させられる。

Comments are closed.