繁華街のお店の話題

職場で何となく繁華街のお店の話題になったのですが、男子スタッフはキャバクラやガールズバーの話題ばかり、そこで一人の人が「最近よく見かけるラウンジってどんなところなの?」という質問をしたのですが、男子スタッフは「高いキャバクラ?うーん行ったことがないからなぁ…」というお答えでした。

帰ってからパソコンで六本木、恵比寿、西麻布あたりのラウンジを検索してみると都内のそういったお店の求人サイトがあったので説明を読んでみました。

まず、ラウンジは会員制、もしくは一見さんお断り(紹介制)で、メンバーになるためにお店やその企業グループが定めた条件をクリアする必要があるという事。

格式の高いところでは収入や厳格な身分証明が必要であったり、数十万円という入会金が必要だったり、少なくともうちの男子スタッフではノリで入店すらできないようでした(笑)

求人内容から察するに女性も通常より採用基準が厳しいのだとは思いますが、都内の有名大学の学生なども結構働いているようです。

有名大学にまで行って夜の接客業なんてと一瞬思いましたが、会員制のお店の入会条件を見ればネオンギラギラのヘタな接客店に行くよりは安全そうですし、同世代の異性の知り合いがお客で来てバッタリなんて気まずい思いをする確率もほとんどないんだろうなと、一人で妙に納得してしまいました。

Comments are closed.