研修室の部屋数と条件

来年春の新入社員研修に向けて、資料作成も年内に8割方は進めなくてはいないいという事で、今その作業に追われています。

12月まで残してしまうと年末業務で手いっぱいという事もあって大変なので11月におよそ終わらせるというルールが出来ているのです。

また、研修所の選定も都内数か所、近郊数か所をピックアップして各営業所で手の空いたものが下見に行くという事になっています。

今回の新入社員研修では全国の営業所の新人が集まるという事で約250人、部署毎に様々な研修内容の違いがあるので出来れば研修室が複数に分かれていて、尚且つ、250人が集まるスペースもある事。

私は調布の営業所に用事があったのでそのまま「多摩永山情報教育センター」の下見に永山まで足を延ばしました。

この研修施設は部屋数がかなり多く、会社の条件である30人×8部屋は優にクリアしていますし、800人収容の多目的ホールまであります。

恐らく今回は多摩永山に決まるだろうという事で、各研修室のネット環境やホールの設備などをHDカメラを持参して入念にチェックしてくるようにという事でした。

実際行ってみるとその施設の規模は大きく、うちの会社の規模の研修はもう数社同時で進行しても問題なさそうでした。

都心からアクセス30分前後という点も合格で、カフェテリアも綺麗で好印象でした。

Comments are closed.