待ちの収入から攻めの収入へ

私は自作パソコンブームの時からネットにハマり、今のようなスマホやタブレットが一般的に普及するまでにクリック広告やメルマガなどで副収入を得ていました。

近年はホームページやブログもよほどの有名人でもない限りアクセスを稼げなくなり、ユーザーの訪問を待って自然に広告を踏むという、いわゆる”待ち”の稼ぎ方はかなり難しくなりました。

今はSNSやシェアサイトのインフルエンサーが、コンテンツでユーザーを集めて広告を踏ませたりする以外で収入と呼べるほどは稼げなくなっています。

アフィリエイトも稼げますが、これも専用のランディングページを作る技術が無いと難しいですね。

そうなると、ネットでの稼ぎ方は”待ち”から”攻め”へ変わり、ポイントサイトで指定の条件をクリアしてキャッシュバックを貰ったり、クラウドソーシングでコツコツお金を稼ぐ方法が一般ユーザーにとっては現実的になりました。

最近ではポイントサイトランキング上位の大手サービスはこぞってクラウドソーシングと従来のポイントサイトのサービスを合体させたハイブリット型サービスをリリースしています。

これは、上記の両方で収入を得ている方にしてみればかなり効率的で、暇なときは従来の無料ゲームなどでポイントを稼いで、時間がある時は作文などで一気にそれを増やすという事が出来るようになりました。

私の場合、大手三社のアカウントで月2万円以上はコンスタントにクリアーしていますので、もっと時間を割り振ればもっと上を目指せると思います。

Comments are closed.